体験版をプレイ!まさにゾンビパラダイスアクション!Xbox360版「デッド ライジング」

 

 北米版は8月発売、日本版は9月28日発売のXBOX360版「デッド ライジング」。
 発売を間近に控えた北米のXbox Live マーケットプレイスで、体験版が配信されたので、さっそく遊んでみました。
 
 
 期待を裏切らぬ出来に満足。製品版がますます楽しみになりました。
 
  
 XBOX360版「デッド ライジング」は、ゾンビに占拠された街に潜入取材を試みる、フリーのフォトジャーナリストが主人公。
 ショッピングモールを主な舞台に、72時間のサバイバルに挑むことになります。
  
 大型ショッピングモールだから、食料から武器になるような物まで、いろんなものが揃っています。
 それらを駆使しながら、画面を埋め尽くさんばかりのゾンビの中で、生き延びなければなりません。
 
 
 またゾンビ以外にも、多くの人間が登場します。
 しかし極限状態の中で、狂気にとらわれてしまった人間もいます。
 むしろ本当に怖いのは、ゾンビよりも人間かも知れません。
  
 XBOX360版「デッド ライジング」は、ただゾンビを殺戮しまくるゲームではありません。
 彼ら人間たちが織り成すドラマも非常に興味深いものがあります。
 
 
 今回の体験版では、ショッピングモールの一区画を15分間、自由に動き回れるという設定になっています。
 別の区画に入ると、ムービーシーンが始まり、15分以内であっても終了します。
 区画からの出口はたくさんあって、その出口の数だけドラマの展開があります。大いに期待できそうです。
  
  
 さて、主人公は最初からいくつかの武器を持っていますが、植木やベンチ、お店の商品など、そこら中にあるものを手に取って武器として使えます。
 
 またゾンビの中には武器を持っている者もいて、倒すと武器を奪うことが出来ます。
 かつて警察官だったゾンビからは警防を、マフィア(?)だったゾンビからはナイフを入手できました。
    
 もちろんショットガンなども登場します。ヘッドショットすると返り血もすさまじいです。また鎌を使ってゾンビの首を切り落としたりも出来ます。
 
 
 カプコンの作品。それもゾンビが出てくるということで、「バイオハザード」を連想する方も多いと思います。
 しかしXBOX360版「デッド ライジング」は少し趣きが違います。
 
 ゾンビだらけの中で生き延びるという極限状態なのですが、「バイオハザード」のようなシリアスさはありません。妙な明るさ、滑稽さがあるのです。これはこのゲームの元となったジョージ・A・ロメロの映画「ゾンビ(Dawn of the Dead)」と似ています。
 
 
 例として、主人公が使う武器は、バラエティに富んでいて笑えるようなものもたくさんあります。
 
 面白かった武器は、ボウリングのボウル、宝石、缶ジュース(段ボールから缶ジュースを取り出して投げつける)、おもちゃのライトセーバー、水鉄砲、フライパン(コンロにかけることで熱することができる)、ショッピングカート(押して走ってゾンビを轢くことが出来る)などなど。
   
 またおもちゃ屋さんには、クマや馬やコブン(カプコンの「ロックマンダッシュ」に出るキャラクター)などのかぶりものがあり、これらをゾンビにかぶせたりも出来ますし、子供服の店では主人公が子供服に着替えることも出来ました。
 
   
  もちろんこれだけでは「ゾンビ(Dawn of the Dead)」のパクリですが、先ほども書いたように、ストーリー部分もかなり凝っているようです。
 さらにやり込み要素としては、写真撮影があります。
 
 主人公はフォトジャーナリストなので、スクープ写真を撮ることもゲームの目的の一つになっています。
 撮った写真は採点されポイントが溜まっていくのです(ショッキングな写真ほど高ポイント)。
 このポイントはXbox Liveで他のプレイヤーと競うことができるようになっているようです。
 
 
 ゾンビを殺戮しまくるも良し、ストーリーを堪能するも良し、写真を撮りまくるも良し、とプレイヤーの嗜好に合わせて、いろいろな楽しみ方が出来るようなゲームになっていそうです。
 分別のある大人の娯楽作品ですね。
 
 私にとってはXBOX360ソフトの本命中の本命なので、9月28日が待ち遠しいです。
 
  

デッド ライジング」日本版公式サイトはこちら(年齢制限あり)
 
デッド ライジング」北米版公式サイトはこちら(日本版公式サイトとは別の動画あり)
 
広告
カテゴリー: XBOX360 パーマリンク

体験版をプレイ!まさにゾンビパラダイスアクション!Xbox360版「デッド ライジング」 への8件のフィードバック

  1. へっぽこ より:

    こんばんわ。あまり興味なかった、DEAD RISINGですが、ムームーさんのコメントを読んで、欲しくなってきました。
    正直グロイのは、苦手なんですが、各所に面白そうなアクションもあるんですね。
    今まで、やりこみ要素のありそうなGAMEは、あまりないだけに、確かに期待できそうですね。予約しちゃおうかなと思ってます。

  2. ムームー より:

    >J Minardiさん
    どうしても残虐表現に目が行ってしまいますが、さすがカプコン。
    体験版で遊んだだけでも、ゲームとしての面白さが追求されていると感じました。
    私はジャンルを問わず「突き抜けた」感のあるゲームが好きなのですが、このゲームは見事に当てはまります。

  3. AYA より:

    私は、グロイのは全くダメで、映画とか怖いやつは手で目を覆い隠して指のほんの隙間から
    ちら見するんですが(じゃぁ、見るなよって感じで・・・)
    コレは、怖いと思うより、楽しさが優先されます。
    発売日が待ち遠しいですね^^
     

  4. ムームー より:

    >りんごさん
    この楽しさは大人だから理解できると思います。
    日本でもレーティング制度が強化されたおかげで、「Z区分」ソフトとすることで、従来のレーティングでは無理だった表現が可能になるはず。
    以前のレーティング制度のままだったら、表現の自主規制はおろか、発売さえ危ぶまれると思うので。
     

  5. Unknown より:

    この間のボンバーマンの対戦会では
    ありがとうございました^^。デッドライジング自分も
    注目しなおしている所です。アジア版・・?日本版?
     
    これをご縁としまして、今日中にリンクを貼らせて
    頂きますのでこれからもよろしくお願いします。

  6. ムームー より:

    >マーシャさん
    ようこそ。コメントありがとうございます。
    当方からもリンクさせていただきました。
    これからよろしくお願い致します。
    「デッドライジング」は日本語版は必ず購入しますが、日本版で表現の自主規制があった場合には、北米版も合わせて購入することを検討しています。

  7. wutchy より:

    シリアスなストーリーとは裏腹に、
    かなりバカっぽいゲーム内容。
    このギャップがたまりません(笑)
     
    やっぱりシルフィードは後回しかな・・・。

  8. ムームー より:

    >wutchyさん
    カプコンの遊び心が存分に楽しめそうで楽しみです。
    デッドライジングかシルフィードの二者択一だったら、私もデッドライジングですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中