XBOX360とも連携!「Windows Media Player 11」Beta 2

  
 「Windows Media Player 11」のBeta 2(英語版) が公開されたので、導入しました。
 
  
 今回の目玉は、“Media Sharing”機能が追加されたこと。
 LAN接続した別PCなどの対応デバイスから、ライブラリに登録してあるファイルを、直接再生できるようになります。
 
 そして、この対応デバイスに、XBOX360も含まれています。 
 
 
 これまで Windows XP搭載PCでは、XBOX360との連携には「Windows Media Connect」を起動する必要がありましたが、「Windows Media Player 11」Beta 2を導入すれば、「Windows Media Connect」を起動しなくても、「Windows Media Player 11」のライブラリーに登録してあるデータにアクセスすることが可能になります。
 
 さらに、共有デバイスにXBOX360を設定してしまえば、後は「Windows Media Player 11」を起動しなくても、ライブラリにアクセス可能です。 
 
 
 またXBOX360では「Windows Media Center Edition」のみ可能だった動画再生も可能になりますが、現時点ではXBOX360本体の仕様が対応していないため再生できません(音楽、画像と違い、動画はXBOX360本体のハードディスクのみとなっているので)。
 
 Windows XP搭載PCでもXBOX360での動画再生が可能になれば、さらに楽しみが広がるだけに、今後のシステムアップデートでの対応が待たれます。
 
 
「Windows Media Player 11」Beta 2について詳しくはこちらの記事を参照下さい(窓の杜NEWS)
 
広告
カテゴリー: XBOX360 パーマリンク

XBOX360とも連携!「Windows Media Player 11」Beta 2 への2件のフィードバック

  1. Tsuyoshi より:

    Windows Media Connectを利用しなくても済むのは最大のメリットですね。あれ起動してると何となく重くなるんで。

  2. ムームー より:

    >Tsay さん
    もう一つメリットがあって、Windows Media Connect では、認識できるフォルダーの階層に制約がありましたが、WMP11β2ではこの制約が無いのですよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中