PC版「アパシー 学校であった怖い話 〜Visual Novel Version〜」

 このブログでPCゲームを採り上げるのは初めてになります(しかも同人ソフト)。

 先日、記したように、私は現在、iMacを使用していますが、PCゲームをプレイすることを主な目的として、Windows Vistaをインストールしています。

 「アパシー学校であった怖い話 ~VNV~」は、ゲームクリエイターの飯島多紀哉(飯島健男)氏が、同人サークル「七転び八転がり」から発表したソフトです。

 SFC版「学校であった怖い話」やPS版「学校であった怖い話S」をプレイしたことのある人には、懐かしいタイトルです(シナリオは全編、書下ろしです)。

 本作は、ビジュアルノベルということで、選択肢などのゲーム的要素は排除されています(クリア後に、おまけシナリオがあります)。

 内容は、同人ソフトということで、商業ソフトでは描けないような狂気、グロテスクな表現が随所に見られます。
 「学怖」ファンなら、きっと気に入ると思います。

 この「アパシー」シリーズはその後も新作が発表されており、最新作は、なんと恋愛シミュレーション「学校であった恋い話」です(笑)。

 

 ●アパシー 学校であった怖い話 〜Visual Novel Version〜

 ●七転び八転がり

広告
カテゴリー: ゲーム全般 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中